【簡単】正しいブログ記事の書き方4つのコツを覚えよう!!【初心者向け】

ブログ
広告

何時間もかけて、一生懸命ブログを書いているのに全然読まれない。

どうすればいいの?

このような悩みをズバッっと解決していきます。

こんにちは Rikiです。

僕もブログを始めたばかりのころは、全く読まれませんでした。それこそタイピングもままならないので、4時間~5時間は掛かっていたと思います。本業で疲れた体にムチを打って頑張ったにもかかわらず、ほぼアクセスがゼロだとモチベーションもあがりませんよね。

ですが、現在は正しい記事の書き方を繰り返し練習したかいあって、少しずつですが読まれるようになってきました。なので、あなたも正しい記事の書き方を覚えて繰り返し練習していきましょう。

正しい記事の書き方ってなんなの?

正しい記事の書き方とは基本中の基本

PREP法(プレップ)と言われるものなんです。

そんな、プ・・・なんちゃらなんて聞いたこともないわ

そうですよね。

そんなあなたのために簡単に解説していきます。

この機会にPREP法を覚えちゃいましょうね。

この記事の信頼性

3カ月間アクセスがほとんどなかった僕のブログも、PREP法を使うようになってアクセスが伸び始めました。
この記事で分かること
・ PREP法が分かる
・ 正しい記事の書き方が分かる 

正しいブログの書き方を覚えよう!!

正しい記事の書き方PREP法ってなに!?

学校では教えてくれない、効果的な文章の書き方「PREP法」その正体を分かりやすく簡単に解説していきます。この機会に絶対に覚えて実践に使っていってください。

PREP法は頭文字

なんか横文字だと、それだけで難しく見えますよね。実はそれぞれの頭文字を合わせて読んでいるだけなんです。別に覚える必要はありませんが参考までにご覧ください。

正しい記事の書き方 PREP法の使い方

PREP法の使い方

上の引用の表を見てもらえれば分かるように「結論・理由・具体例・結論」で書いていきます。

なぜ、その順番で書いていくのかと言うと、読者は「答え・悩み」を解決したいだけだからです。決して、あなたのブログを読みたいわけじゃありません。

なので、結論(答え)を示して、理由を話して具体例で納得してもらい、最後にダメ押しの結論を書くようにすると、すごく自然な流れで話が進むので、最後まで読んでもらえる可能性が高くなります。

PREP法に欠かせない大事な2つ忘れてない?

忘れてはいけない大事な物は以下の2つです。

  • 読者の悩み(キーワード、ペルソナ設定)
  • 反対意見のフォロー

読者の悩みがはっきりしていないと、読者を引いつける答えをだせません。なので、悩み(キーワード)をしっかりと決めましょう。そして、忘れてはいけないのが否定的な読者へのフォローです。いつかまた読者として戻ってきてくれると信じて、反対意見にも対応しておきましょう。

PREP法を使った記事の見本

では、実際にPREP法を使って短い記事を書いてみます。参考までにご覧ください。

 

・ 読者の悩み

 

・ ブログ記事の書き方が分からない
 

・ 結論

 

・ PREP法を使う
 

・ 理由

 

・ 記事が書きやすくなるだけでなく、話の流れが自然で読者も読みやすくなるから
 

・ 具体例

 

・ この記事はPREP法を使って書いています。あなたの記事と比べてどうですか?
 

・ 反対意見をフォロー

 

・ 他にも書きやすい手法はたくさんあります。
あなたの使いやすい型を使っていきましょう。
・ 結論(ダメ押し) ・ PREP法は初心者でも本当に使いやすい型なので、何度も繰り返し練習をして自分のモノにしましょう。そうすることで、あなたのスキルアップにもなるのでPREP法は本当におすすめです。

 

あとは、それぞれに見出しを作って肉付けをしていけば完成です。

こうして見てみると簡単そうでしょ?

これなら私にもできそう!!

PREP法は、ブログだけじゃなく会話やプレゼンにも使えるから覚えてみてね。

まとめ

読者に読んでもらうためには、正しい記事の書き方を覚えましょう。その正しい記事の書き方とは今回紹介したPREP法です。このPREP法を覚えることで、読みやすいだけでなく自然な流れで読者に刺さる記事を書くことができるので、繰り返し練習をして必ずPREP法は覚えるようにしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました