記事・文章の長さ

広告

いつもお世話になっております。

Riki ブログです。

 

みなさん記事の長さ、つまり文章の長さで困ったことはありませんか?

長文がいいのか、短文がいいのかどちらがいいのかわかりませんよね。

結論から言うと、長すぎても短すぎてもダメです。

じゃあ、どうしたらいいんだよってなりますよね。

そこで今日はちょっとしたアドバイスをしたいと思います。

①長文のダメなところ。

②長文のいいところ。

③短文のダメなところ。

④短文のいいところ。

この順番で解説していきたいと思います。

① 長文のダメなところ

だらだらと長くなってしまい、何が伝えたいのか結局分からなくなってしまうことです。

また読みやすかったり、まとまっていれば読者も読んでくれますが、読んでいてつまらなければ、読みたくなくなってしまいます。

② 長文のイイところ

メリットもデメリットもまとめて伝えれることです。

そして、しっかりまとまっていれば、読者にとって有益な情報を与えれるということです。

③ 短文のダメなところ

短すぎて伝えたいことが何なのかわからない、また筆者の熱意も有益な情報も伝わらず何の意味もありません。

④ 短文のイイところ

わかりやすくまとまっていれば読者にとってとても有益で分かりやすい情報になります。

また、短文だと読者も飽きずに最後まで読んでくれる可能性が高くなります。

 

いかがですか?これくらいの長さなら最後まで読みましたよね。

そして何が伝えたいかわかりましたか?

どちらにせよ、あなたの貴重な時間を使って書いた記事が読まれなかったら、ショックですよね?

その記事にあった的確な文章を書けるように訓練していきましょう。

これは継続していくうちにだんだんとわかっていくと思います。

継続は力なり、少年よ、大志をいだけ。

みなさんが努力し継続して夢を目標を達成できることを応援してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました