愛猫の食事

広告

いつもお世話になっておりますm(*_ _)m

Rikiブログです┏○ペコ


これを見に来たってことは、あなた猫ちゃん好きで猫ちゃん飼ってますね。

私も猫ちゃん飼ってるんですね。もう7歳になりました。人間の年齢にすると44歳です。知らない間に飼い主より年上に(´;︵;`)

動物は人間より歳をとるスピードが早いので、そろそろ食事にも気を付けてあげたいと思います。

みなさんは大切な家族のねこちゃんの食事どうしていますか(´-`).。oO?

今、スマホでこの記事書いているんですが、私の背中の上でくつろいでいるねこちゃん、かわいすぎます(灬ꈍ ꈍ灬)ポッ

少し脱線してしまいました、すみません。

話を元に戻し、ねこちゃんのご飯ベスト3を紹介したいと思います。

① アカナ ワイルドプレイリーキャット340g 価格は758円

高価格が難点であるものの、鮮度の高い肉を無冷凍で使用するなどこだわりが満載

原材料の約70%が肉という、大変豪華でタンパク質が豊富なドライフード。また使用している肉のうち、半分が無冷凍の新鮮な肉を加工したものです。

匂いを嗅いでみると、肉の旨味が凝縮されたようなしっかりと香りが。検証での食いつきも非常によく、全猫が完食、そのうち2匹は並んだ商品の中で一番最初に勢いよく食べ始めました

また製造の全ての工程を自社キッチンで行う、穀物不使用などのこだわりも見られました。その分、1日あたりのコストは約520円とかなりお高めで価格の評価は1.0。コストを抑えたい方には合いませんが、「値段を気にせずいいものを与えたい!」という飼い主さんにおすすめのフードです。

 

② チャンピオンヘットフーズ オリジンキャット&キトゥン 340g 価格は1,188円

どの猫も最初に平らげる見事な食いつき。安全性と嗜好性を兼ね備えた理想のフード

プレミアムフードの筆頭であるオリジンは、期待を裏切らない結果を残して2位にランクイン。鶏などの原材料はパーセンテージや加工前の状態まで詳しく記載されており、信頼感は抜群です。また、原産国がアメリカでありながら、日本の気候に合わせて水分を調整したという点も高評価の要因になりました。

信頼感・こだわりもさることながら、食いつきの評価も4.0と文句のない結果に。検証に参加した3匹とも真っ先にこのフードを食べ始め、美味しそうに完食しました。肉の匂いがしっかり香っていることもあり、非常に反応がよかったです。

ただしアカナ同様、値段が高いことがネック。食べてくれない場合も想定して、まずは最も小さいサイズから購入することをおすすめします

③  カナガンキャットフードチキン (1.5㎏) 5,980円

評価項目のどれをとっても文句なし。マイベストが最もおすすめするドライフードはこれ!

見事ランキング1位となったのは、プレミアムフードの中でも知名度の高い、カナガンでした!批判的な意見を見かけることも多い商品ですが、表記をチェックしてみるとメーカーの誠意・こだわりがよくわかりました

原材料の半分以上がチキンで、それ以外の食材も全て人間が食べられるもの厳選しているという徹底ぶり。色の濃い粒は旨味がぎゅっと詰まった強い香りがするので、食欲をしっかり誘ってくれそうです。実際に与えてみると、どの猫もあっという間に完食し、他のフードよりも明らかに食いつきが良いという結果に。検証とは別にカナガンを食べさせていた偏食の猫ちゃんも、何日も飽きずに食べ続けていました。

プレミアムフードでありながら、1日あたりのコストが182.2円と意外に低かったのも高評価。グレインフリーなので、穀物アレルギーのある場合でも安心して食べることができます。食いつきに悩む飼い主さん、質の良いフードを探している飼い主さんのどちらにもおすすめの商品です!


説明は皆さんに、しっかりご理解していただけるよう、コピーを使わせて頂きました。ご了承下さい。

コピーは使わせて頂きましたが、今日紹介させていただいたキャットフードはしっかりと検証がされていて、確実にいいものばかりです。

ただ、庶民にはだいぶお高い、印象を受けました。ですが、私たち人間はなんでも食べれるので栄養は取れますが、動物は違います。

本当に大切にしていて、経済に余裕のある方にはとてもおすすめです。

1度試してみる価値あるかもしれませんよ。


しかし上記の物は私たちには経済的に厳しいですよね。

なので私たちにも手の届くねこちゃんにもいい物も紹介します。

ただし説明はまたコピーさせていただきます。

① 日清ペットフード 懐石2dish 枕崎のかつお節ペア 価格580円

2つの味と80gずつの個包装が嬉しい!開けたてが好きな猫におすすめ

2つの味が入ったアソートタイプの総合栄養食。1包装あたり80gという量は検証商品の中で最も少なく、開けてたのフードでないと食いつきが悪いという猫におすすめです。少量ながら、各袋に脱酸素剤が入っているのも嬉しいポイントですね。

小魚添え・かにかま添えの2種があり、検証ではかにかま添えを使用。加点とはなりませんでしたが、トッピングが入っていることで匂いも強く、全ての猫が完食しました。

価格についても、1日あたり37.4円と大変お得。4つの味が揃う4dishシリーズもあるので、飽きやすい子にはそちらを購入してあげてもいいでしょう。

② 日本ペットフード ミオ大人の美味しくって毛玉対応 価格652円

食べやすい薄さも嬉しい、毛玉への効果が期待できる大容量のフード

2.7kgという大容量で、毛玉を体外に排出しやすくする効果も期待できます。ただし個包装になっていないので、食べきるのに1ヶ月以上かかってしまう場合はあまりおすすめできません。また袋にチャックが付いていないので、開封後は保存容器で保存するといいでしょう

カラフルさと食べやすい薄さが特徴の粒は、匂いはあまり強くありません。ですが検証に参加した3匹の食いつきは悪くなく、しっかり食べきってくれました。4kgの猫1匹にかかるコストは1日あたり23円で、検証商品の中でも上位に入る結果でした。ミオシリーズは様々な種類があるので、購入の際の選択肢も豊富です。

 

③ 日本ペットフード コンボ キャット ドライ まぐろ味 かつお節 小魚添え 価格730円

かつお節と小魚の香りがすごい!ハマるとやみつきになりそうな風味のよさ

かつお節と子魚がブレンドされており、似たようなタイプの商品の中でもここまで元の形がはっきりわかる素材が入ったものはありません。見事な魚の匂いがして、人間でもおいしそうと思うほど。検証では加点になるほどの人気とはいきませんでしたが、1匹がとても気に入りやみつきになっている様子でした。

原材料表記に関しても、これといった問題点はなし。クランベリーと3種のハーブを配合している点も商品へのこだわりを感じられました。1包装あたり170gと、比較的少量ずつ小分けになっている点も好印象です。


やっぱりどれもお手頃ですね(◡‿◡ฺ✿)これなら普通に買ってあげれるんじゃないでしょうか?

もちろん評価は、あのお高いキャットフードと同じ基準でしています。

これらの食事を与えて、可愛くて大切でペットの枠を超えた、家族のねこちゃんを長生きさせてあげましょう。

これで辛い時、悲しい時など関係なしの無条件で、癒しを与えてくれている猫ちゃんへの恩返しになると思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました