人付き合いが苦手な人必見!!イヤな人とうまく接する方法 パート2

食べ物 雑学
広告

いつもお世話になっておりますm(*_ _)m

Rikiブログです┏○ペコッ

 

前回嫌な人と上手く接する方法初級編をお送りしました。

 

前回の記事を読んでない方のために簡単に説明しておくと、あなたが苦手だと思っている人は、劣等感が強く、心の底では何かに恐れているということです。

 

なので、その対処法として、考え方を変えると良いということをお話ししました。

 

気になる方はぜひパート1も読んでみてください。

▶ 人付き合いが苦手な人必見!!イヤな人とうまく接する方法 パート1

では、今回は中級編から紹介していきたいと思います。

 

中級編

上から目線ではなく、神様目線

 

これはどういうことかと言うと、嫌な性格の人に会った時に「あいつ最低だなぁ」とか、「あの言い方はないだろう」とか、上から目線で相手を見ると腹が立ってきます。

 

なので、そうではなく、ちょっと上からではなく、もっと上から見る遥か雲の上から相手を見るんです。

 

またまた余談ですが、これを心理学では、メタ認知と言います。

 

そうすることで見え方が今までとはまるっきり違ってきます。

 

「あれではどこに行っても嫌われちゃうんだろうなぁ」とか「あの性格で生きていくのは大変だろうなぁ」とか「自分はあんな性格に生まれてこなくてよかった」のように、神様目線になることで、相手に哀れみの気持ちが湧いてきます。

 

「かわいそうな人だなぁ」とか「気の毒だなぁ」とか思えるようになります。

 

仏教では、これを慈悲といいます。哀れみの気持ちで相手を見ると、不思議なもので、それほど腹が立たなくなります。これもまた怒り50パーOFFになるということです。

 

上級編

上級編のれんに腕押し戦法

 

たとえば「君はのろまだなぁ」とか「その服忍者みたいだね」って嫌味や悪口を言われた時に「もうなによ!!」とか「失礼なと!!」否定するとますます腹が立ってきますよね。

 

腹が立つだけではなくこちらがムスッとした態度を見せると相手は面白がって、ますますいじってきたりします。

 

否定するから腹が立つ、否定するからますます相手が調子に乗るということです。

 

ではどうすればいいのでしょう?

 

みなさんはどう思いますか?

 

そう、否定ではなく肯定(こうてい)すればいいのです。

 

「君はのろまだなぁ」と言われれば「そうなんですよ遺伝みたいで困ってるんです」とか「その服忍者みたいだね」とか言われたら「拙者、甲賀の隠密でござる」と涼しい顔で返してやりましょう。

 

そして、相手の言葉を間に受けない。相手にしないということですね。

 

このようにあっさり肯定して受け流してしまえば腹も立たないし、相手はのれんに腕押しで拍子抜けしてしまうというわけです。

 

そうすると、相手は何も言えなくなってしまいます。

 

不思議なことに、自分にとって悪いことは否定するより肯定することで、よっぽど気分が楽になります。

 

学校や会社でこのように振る舞うことで心の余裕をさりげなくアピールできるので、否定より肯定するといいことずくめなのでおすすめです。

 

おまけ

イヤな人を味方に変えるヒント

 

最後はおまけなんですが、おまけなのに大切なポイントです。

 

イヤな人を味方に変える方法

イヤな人なので、なるべく関わりたくはないと思いますが、どうしても関わっていかなくてはいけないこともあると思うので、味方に変える方法をお教えします。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

雑談量を増やす

 

本当は雑談すらしたくはないと思いますが、頑張ってやっていきましょう、なぜなら雑談量を増やすことで親密度を上げることができます。

 

親密度は雑談の量に比例します。

 

そして、雑談とは必要な話ではなく、どうでもいい話のことです。

 

例えば・・・

新発売のお菓子食べた?とか、どこどこの新しいお店行ってみた?とか、お子さん受験で大変ですねぇと雑談量を増やすことで、相手との共通点が見つかったり、お互いの苦労が見えてきます。

 

そうすると自然と親密度が上がっていき、親密度が上がってくればなかなか冷たい態度を取れなくなっていきます。

 

これを心理学では単純接触効果と言います

 

もし、相手が自分に対して冷たいとか感じているのであれば、それはもしかしたら雑談の量が足りてないのかもしれませんね。

 

なので、意識して雑談の量を増やしていくと雰囲気がガラッと変わるかもしれませんね。

 

まとめ

嫌な人を何とかしたいと思っていると思いますが…。

 

かの天才アインシュタインはこう言っています。人間の邪悪な心を変えるよりプルトニウムの性質を変えるほうがやさしい。アインシュタインの言うように他人の性格を変えることはまず不可能です。

 

人間は自分の性格を変えることすら難しいです。なので他人の性格を変えるのは無駄なこと、時間の無駄です。

 

それよりも今回紹介したような事を使って自分の考え方をほんのちょこっと変えてみて腹を立てない、笑顔いっぱいで清々しい毎日を過ごしていきましょうね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました